老後資金はいくら必要?どうやって貯める?

政府の試算では老後資金として2,000万円が必要とされています。

しかしこれは、必要最低限度の生活をしていく上での金額であって、趣味や旅行などの娯楽にはほとんどお金を使わないという前提での試算です。

もう少し楽しみのある老後を送りたいと思った場合には、3,000万円程度は用意しておくことが望ましいです。

またこれは現時点での話であり、現在20歳の方が老後と言われる65歳を迎える45年後には、医療の発達により平均寿命も延びている可能性が高いです。
長生きをするという事は、それだけお金が必要になる期間が長いという事ですから、さらいにお金が必要になってくるかもしれません。

では、いつから・いくら貯めておけば安心した老後を迎えられるかを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

老後に必要なお金は?

では、老後にいくら必要なのか?
実際に考えてみましょう。

もちろん居住地域や家族構成・その時の経済情勢などによって、条件は大きく変わってきてしまうかと思いますので、あくまでも参考程度に考えていただければと思います。

2018年の総務省の調査をもとに、夫婦世帯の月間収支を見てみたいと思います。

収入・・・222,834円
支出・・・264,707円
差引・・・△41,873円

つまり老後世帯の多くは、毎月の収支が赤字に合っているという事です。
65歳に退職をして95歳に死亡したとしましょう。
すると41,873円×12ヶ月×30年≒1,500万円となり、老後に約1,500万円が不足することになります。

さらにこの支出には必要最低限度の生活費しか含まれておらず、例えば予期しない病気治療のための医療費や介護費は含まれていないのです。

85歳から95歳までの10年間で毎月3万円の介護費用を負担するとします。
すると3万円×12ヶ月×10年間=360万円となります。これが夫婦2人分ですから、360万円×2人=720万円のひようが追加でかかります。

さらに死亡時には葬儀費用などで、1人あたり200万円がかかると仮定し、夫婦で400万円の葬儀費用がかかります。

つまり夫婦世帯の場合、老後資金として必要なお金は約2,620万円が必要になってくると予想されます。

もちろん、上記は必要最低限の生活で見積もっていますので、老後に旅行をもっと楽しみたいとか、趣味にお金を使いたいとなればさらに貯金額が必要になってきます。

最低でも2,600万円、可能であれば3,000万円程度は資金を用意できるのが理想的です。

もちろん30年後も同じ金額の年金を受給できるかは分かりませんし、ロボット技術の進歩により、もっと安く介護サービスを受けられるかもしれませんが、準備をしていて損はないかと思います。

長年企業に勤務していた人であれば、退職金も受け取ることができると思いますので、単純に60歳になったときに2,600万円がよういできていないというわけではありません。

例えば退職金が1,000万円ある人であれば、残り1,600万円を貯金で用意しておけば良いことになります。

ただ退職金で住宅ローン残高を支払おうと思っている人は、その分は差し引かなければなりません。

老後資金はいつから貯蓄する?

では、2,600万円もの金額をいつから貯蓄を始めればいいでしょうか?

もちろんこの記事を読んだ今日この日からです。
貯金をするのは、早ければ早い程負担が少なく効果は大きいです。

下記の表は約1,000万円を貯金するのに、各開始年齢ごとの表です。

20歳の時に毎月2万円の貯金を開始した場合には60歳になる頃には、960万円もの金額が貯金されることになります。
しかし50歳の人が60歳までに同額を貯金しようとすると月に8万円もの金額を貯金しないといけなくなります。

つまり貯金は早くから始めれば始めるほど、月額負担は少なく余裕をもって行うことができます。
もちろん20歳から月に2万円の貯金をして、40歳になった頃には収入も上がっていることでしょうから、月額を3万円に増額したりすれば、さらに余裕を持った貯金できることになります。

老後資金はどうやって貯蓄する?

先ほど申し上げたように、現金を銀行に入れてお金をためていくというのが最も一般的かと思います。
この方法では、貯金した金額が間違いなく貯まっていきますが、現在は銀行の預金利息の利率はごくわずかのため、預けていても増えることは無いと等しいです。

少しでも効率的に貯めつつ増やすことができるのが理想的です。

株・FX・不動産投資もしくはギャンブル…?

お金を増やす方法にはたくさんあると思いますが、ギャンブルはまずあり得ません。
パチンコ・競馬・競艇などありますが、どれもリスクが高すぎます。

FXや株や不動産投資も知識がある人は良いかもしれませんが、素人が手を出して利益を得るにはリスクは高いです。

では、安全かつ資産を増やす方法にはどいう物があるかを見ていきましょう。

生活費の見直し

なんとなく増やす方に目が行きがちですが、出費を減らすことでも貯金額を増やすことはできます。

例えばスマホを格安SIMにすることを検討したり、インターネットとセットで契約することで、月々の出費を抑えられます。
仮に月に削減できるのが3,000円でも、30年後には108万円削減できたことになります。
逆に言えば、108万円を貯金できていた、という事になります。

たかが数千円と思わず、可能な削減は積極的に検討してみましょう。
その積み重ねが、思わぬ金額となって将来の自分を助けてくれます。

個人型確定拠出年金(iDeCo)

個人型確定拠出年金(iDeCo)とは、加入者が毎月任意の掛金を拠出しながら、委託先に運用を指示するという物です。
原則的に60歳以降に一時金又は年金型で受け取ることができます。

運用する商品は複数用意されていて、元本保証型・ローリスクローリターン・ハイリスクハイリターンのものも用意されています。
どの商品に運用するかを指示することで、委託先のプロが運用をしてくれるのです。

海外株式などはリスクが高いですが、リターンも大きくなることがあります。
もちろんプロが運用してくれると言っても、神様ではないので運用に失敗して元本を下回ってしまう事もありますが、個人で株式等を運用する事を思えばよっぽど安全だと思います。

さらにこの確定拠出年金の掛金は全額所得控除になります。
所得控除については、所得税の計算~所得控除編~をご覧ください。

そのため節税しながら掛金を貯金していく事ができます。
ただ銀行に預けているよりも、よっぽど効果が大きいです。

ただし、銀行のようにいつでも引き出せるというわけではなく、原則は60歳までは受け取ることができないので、そこだけ注意が必要です。

生命保険を利用した貯蓄

え?と思うかもしれませんが、保険にも貯蓄性を持つ商品があり、これを有効活用することで、「保険のメリットを受けつつ貯蓄もする」という事が可能です。

例えば、積立型の終身保険に加入する事で、保険加入期間中の死亡保険を受けながら、解約した場合には返戻金が受け取れるという物です。

実際に筆者のニッシーが加入している保険を紹介します。
外資系のM生命です。
(分かってしまうかもしれませんが、一応正式な企業名は控えておきます^^;)

・加入年齢 25歳
・払込期間 55歳までの30年間
・死亡時の補償 70,000米ドル(終身)
・掛金 94.78米ドル/月

こんなような条件の保険に加入しています。

上記の保険は、払込満了の55歳時の払込総額は34,120.8米ドルです。
1米ドル=110円とすると、3,753,288円の払込となります。

これを満了時の55歳までに解約してしまうと、返戻金額は払込額を下回ってしまうので、損をしてしまいます。

しかし、払込満了後は年率3~5%の利率で複利で増加していきます。
ちなみに最低3%保証なので、どんなに低くても毎年3%は増えていきます。

これを払込満了から10年後に解約すると、最低の3%で運用されたとして、44,367.42米ドルの返戻金となります。
つまり55歳~65歳まで死亡保障を受けながら、10,246.62米ドルの試算を増やしたことになります。

特に何をしたわけでもありませんが、約110万円お金が増えることになります。

もちろんここで解約せずにさらに契約を続けていけば、さらに解約時の返戻金は増えることになります。

このように、保険を有効活用することで、死亡時の補償を受けながら、お金を増やすこともできます。

しかし米ドルで支払って米ドルで受け取るので、その時の為替相場による損失も考えられます。
あくまで「ニッシーが加入している保険」というだけで、「この保険がベストな方法」とか「この保険に加入しましょう」と勧めているわけではありません。
「こういう方法もあるんだな」という程度で考えてください。

気になる方は、各保険会社の説明をよく聞いて、ご自身にもっとも適した保険を選択してください。

スポンサーリンク

まとめ

老後の話となると、若ければ若い程あまりイメージが付きにくいものです。
しかし若ければ若い程、月々の負担が少なく貯蓄することがきるチャンスがあります。

いつの時代でも、老後の貯蓄が必要なのは変わりません。

この記事を読んで、「貯金しないとまずいな」と思った方は今日からでも、自分にできる貯金を始めてください。


「まだ先の事過ぎてイメージがわかないし、必要かどうかわからない」という方は、騙されたと思って、貯金を始めてみてください。
月に5,000円でも1万円でも構いません。
いま始めるその貯金が、将来のあなたを助けることは間違いありません。

コツコツと積み上げる小さな力は、時がたてば経つほど大きな力となって返ってきます。
さあ自分にできる貯蓄を少しずつ始めましょう!

最新情報をチェックしよう!