結婚後のお金の管理!管理方法ごとのメリット・デメリット!

独身時代は、自分好きなことに好きなだけお金を使うことができましたが、結婚するとそういうわけにもいきません。

『金の切れ目は縁の切れ目』なんていう言葉があるように、お金は人との関係を左右するものです。
もちろん夫婦間でも例外ではありません。

「縁の切れ目」とはならなくても、関係が悪化する原因になりかねません。

結婚する前にぜひお金の管理方法について2人で話し合ってみてください。

お金の管理・家計のやりくりについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

結婚前にお金の話し合い

結婚前に将来の計画をある程度立てているカップルも多いのではないでしょうか?

「子供は○人欲しいよね」「マイホームは○歳ぐらいで建てよう」などなど…

しかし、ざっくりした計画だけでは実現していく事はできません。

子供が産まれるという事は大変喜ばしいことである一方で、ある程度の教育資金が必要なのも事実です。
妊娠中は奥様が産育休に入り収入が減少することも考えられます。

マイホームも頭金としてお金を用意する必要があります。

その他にも、車の購入・老後資金の準備…たくさんのお金が必要になってきます。
具体的な資金計画を立てておくことが大切です。

例えば、

子育て資金に月5,000円・マイホーム資金に月10,000円の貯金する。

など、具体的な数字を早めに決めておくことで後々の揉め事も減り、夢の実現も可能になっていきます。

お金の管理方法

資金計画を立てたら次はお金の管理方法について決めていきましょう。

管理方法は3パターンあると思います。
各家庭の事情や、共働き世帯と専業主婦(夫)世帯によってもベストな方法も変わってくると思うので、よく話し合って検討してください。

共用口座で2人で管理

銀行口座を1つ作り、その口座を「家族口座」にする方法です。

お互いの収入を家族口座にまとめて、かかる費用も家族口座から出金します。
各個人が自由に使えるお金はお小遣いとして、別の個人通帳で管理します。

【メリット】
・2人で家計の残高を管理できる
・計画的に貯金しやすい

【デメリット】
・個人で自由に使えるお金が限られる

・2人でしっかり貯蓄のルールづくりをすること
 
黒字にできたからと言って、贅沢に使ってしまっては一向にお金は貯まりません。
黒字にできた分をどうするかもしっかり決めておきましょう。

費用ごとに分担管理

夫と妻でそれぞれ負担する項目を決めて、その分だけを支出するという方法です。

例えば、夫は住宅ローンと自動車ローン、妻は食費と日常生活費といったようにそれぞれの負担を分担します。

それでも残ったお金は各個人が自由に使えることになります。

【メリット】
・分担して負担する支出以外は、自分の自由に使える

【デメリット】
・お互いの収入や貯蓄状況の把握が困難

・お互いの負担割合の偏りを無くすこと
・また新たな費用負担が出たときに、都度しっかりと話し合いで決める事

この方法だと、お互いの貯蓄額が見えなくなるので「きっと貯金してくれているだろう」と思っていても「フタをあけてみたらゼロだった」なんてこともあり得ます。

自由度が高いとはいえ、最低限の貯蓄のルール作りも大切です。

どちらかが、代表して管理

収入を1つの口座に集めて、夫or妻のどちらか1人がすべてのやりくりをする方法です。
どちらか資金管理が得意な方が代表して家計全体の管理をする方法です。

【メリット】
・管理の得意な方が、一括管理することで無駄が無くなる。

【デメリット】
・管理されている側が、収支状況を把握できない。
・お小遣い制の場合、金額に不満が出る可能性がある。

・明朗会計を意識する事

管理されている側は何も見えない状態だと、どうしても不満が出やすくなってしまいます。

定期的に家計簿を公開したり、不満がないかヒアリングできると良い関係で家計管理ができるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

結婚をすると自分だけのお金ではなくなってしまうので、事前に2人でよく話し合って決めておくことが大切です。

計画的にお金の管理をすることで、2人の将来の計画をより現実的なものにすることができます。

お互いが納得できるルールを始めに決めておきましょう。

後からでも良いですが、何も始まっていない結婚前がお互いのストレスなく始められてよいと思います。

最新情報をチェックしよう!