敷金・礼金ってなに?違いは?敷金・礼金ゼロ物件って何?

今日は賃貸アパート・賃貸マンション契約時に耳にする、敷金・礼金について考えてみたいと思います。
敷金・礼金はいつもセットで出てきますが、何が違うのでしょうか?

最近では『敷金・礼金ゼロ!』という宣伝もよく見るようになりました。

undefined
入居時に経費を削減できるってことでしょ?
それはお得に間違いないね!
ニッシー
本当にそうでしょうか?
まずは敷金・礼金が何なのか見ていってみましょう!
スポンサーリンク

敷金・礼金の違いは何?

敷金とは

敷金は、部屋を退去する際の原状回復費用(生活でできてしまった傷や汚れを修復する費用)の準備金の事です。

原状回復費とは、『生活していくうえでやむを得ない汚れ・傷を除いては、借主が賃貸前の状態に復旧する義務がある』という物です。
※後ほど詳しく解説します。

この費用をあらかじめ支払っておき、退去時に実際にかかった費用と相殺します。

敷金>原状回復費 の場合、差額を返金してもらう事ができます。
敷金<原状回復費 の場合、足りない分を追加で支払う必要があります。

敷金の目安はおおむね家賃の1ヶ月分に設定されている物件が多いですが、中には1.5ヶ月分・2ヶ月分と設定している物件もあります。

礼金とは

礼金は、大家さん(貸主)に対して「物件を貸していただいて、ありがとうございます」というお礼の意味合いのお金です。

お礼のお金ですから、敷金のように返金されることはありません。

昔は賃貸物件という物自体が少なく珍しかったので礼金を支払うのが一般的でしたが、賃貸物件が当たり前になった昨今では、礼金ゼロの物件がほとんどです。

原状回復費とは?

先ほど説明した通り、入居者には退去時に賃貸前の状態に復旧する義務があります。
しかしすべて元通りにしなければいけないわけではありません。

原状回復義務の範囲は「入居者の責めに帰すべきもの」です。
具体できにどのような物があるか一例を見てみましょう。

※あくまでも一例で、契約書内に別途定めがある場合もありますのでご注意ください。

入居者が負担すべきもの

●床
・家具や椅子をひきずったことでできた傷
・雨などで濡れた状態を放置したことによる劣化・変色

●壁
・ペットが引っ掻いてできた傷
・物をぶつけてしまいできた壁の穴
・適切な換気をしなかったことによるカビ
・棚などを取り付けたことによる、壁のねじ穴

●その他設備
・鍵を紛失したことによる交換費用
・レンジフードの掃除を怠ったことによる、ひどい汚れ
・異物を流したことによるトイレのつまり

大家が負担すべきもの

●床
・日光により、床の色あせが起こった場合
・家具を長期間置いたことにより、床がへこんでしまった場合

●壁
・時計を掛けるためのネジ等の穴
・通常の生活における、クロスの黄ばみ・ニオイ
・冷蔵庫やテレビ設置による黒ズミ(熱やけ)

●その他設備
・次の入居者に向けての鍵交換費用
・給湯器など経年劣化による故障
・地震等自然災害による建具・窓ガラスの破損

敷金・礼金ゼロ物件はなぜあるの?お得なの?

敷金・礼金ゼロ物件は、貸主(大家)と借主(入居者)の利害関係が一致する場合に出てきます。

貸主は、入居者の目途がたたない時期・場所では空室リスクを避けるために、入居のハードルを下げようとします。
その方法として、敷金や礼金を受け取らない事で入居しやすい環境を作ります。

一方で、「現時点では貯金が無いが入居先は決めたい」と思う借主は、敷金や礼金が無いと気軽に入居を決めやすくなります。

このように両者の利害が一致したものになります。

しかし、一点注意しなければいけないことがあります。

それは先ほども説明した、退去時の原状回復費用です。
入居時は敷金・礼金ゼロで入居しやすいですが、退去時には事前の準備金がゼロなので、クリーニング費用などを全額請求されることになります。

入居時に敷金を支払っていれば退去時の原状回復費用と相殺できますが、敷金ゼロ物件だと退去時に相殺するものが無いので、退去時の負担が大きくなってしまいます。

次の物件を決めた際に、思いもよらぬ大きな出費となりかねないので、事前に退去費用を準備しておくようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

敷金・礼金ゼロ物件は、入居時の費用負担が少なく「今はお金が無い」というときにはありがたい物件です。
しかし、退去時の原状回復費用があることを忘れずにしっかりと準備をしておかないと、次の物件を見つけたときに思いもよらない足枷になりかねません。

賃貸物件を借りる際は、退去時の事までしっかり考えて選びましょう。

また中には、大家が負担すべき修繕費用まで入居者に負担を求めてくる例もあるようです。
どこまでが自分の負担義務の範囲かを確認して不当な請求をされないようにしましょう。

最新情報をチェックしよう!